銀行印とセキュリティ

銀行印イメージ

銀行などの金融機関に口座を開設する場合、その登録に印鑑が必要になりますよね。
銀行の場合、それを一般に銀行印と呼びます。
複数の銀行に口座を開設した場合、銀行ごとに銀行印を用意したほうがいいのでしょうか。
セキュリティの面から考えると、銀行ごとに銀行印や暗証番号を分けて使用するのが理想的だと言えます。

しかし、実際にそれを実行している人はどれぐらいいるのでしょう。
多くの人は、1つの印鑑を複数の銀行の銀行印として兼用しているのではないかと思います。
わたしもそのひとりで、銀行口座は複数持っていますが、1つの銀行印を登録しています。
理由は、銀行印を複数の口座で兼用しているほとんどの人と同じだと思いますが、通帳と銀行印の管理が煩雑になって大変だと思ったからです。

わたしの場合、セキュリティの面で少しでも安心感を得られるように暗証番号だけは口座ごとに変えています。
それでもやはり、それぞれの番号を混同してしまったり、番号を忘れてしまったりという不都合が生じます。
暗証番号だけでさえそうなので、これに加えて銀行印までそれぞれ違うものにしてしまうと、複雑になりすぎて管理できなくなる可能性が高いと判断しました。
それに、大体の取引はATMで済ませることができるものなので、印鑑を普段持ち歩くことも滅多にありません。

また、最近では通帳に確認印を押印しない金融機関も増えてきたので、万が一通帳を盗まれたとしても銀行印をコピーして悪用される危険性も少なくなりました。
自宅できちんと保管しておけば、1つの銀行印を複数の銀行口座で兼用してもそれほど問題ないのではないかと思います。

PR おすすめのサイトご紹介

印鑑買うのに迷ったら…【印鑑サイト.com】

はんこの販売情報が豊富な、印鑑に特化した情報サイトです。

ページの先頭へ