外交では見れない印鑑文化

印鑑イメージ

印鑑は、日本の社会ではとっても大事なものですよね。
なにか契約をするにも印鑑の押印を求められることがほとんどですし、宅配便の受け取りや回覧板の確認印、会社の承認印など、毎日あらゆる場所や場面で印鑑が使われているのが日本の日常風景です。

このように、日本では重要書類や確認書類などに印鑑を押すことが常識になっているのですが、印鑑文化のない外国人の方からすればとても疑問に感じる行為だといいます。

海外では印鑑を押すという風習はなく、もっぱら自筆でフルネームを書くのが主流になっています。
サインとか署名と言われているものですね。
この本人しか書くことのできないサインと比べて、誰にでも偽造されてしまう可能性の高い印鑑を重要視している日本の印鑑文化。
この印鑑文化に疑問を持つ外国人が多いようです。
しかも、そんな大事な印鑑なのに、100円ショップなどで簡単に手に入れることができるというのも不思議でたまらないといいます。
確かに、シャチハタの認印は100円ショップでも多数取り扱っているようですし、自分の苗字でなくても誰でも簡単に手に入れられます。

大事な印鑑のはずなのに、何の審査もなく容易に購入できるということに矛盾を感じてしまうのも、当然と言えば当然ですね。
では、なぜ日本ではこんなにも印鑑が重要視されているのでしょうか。
調べてみると、どうやら日本の「文化」として印鑑を押す風習を残しているという側面が強いようです。
もともとは貴族や武家など、位の高い人たちが使用していた印鑑ですが、江戸時代あたりから庶民にも広く伝わるようになったといいます。
そして明治に入ってから実印登録制度が制定され、その風習が現在まで続いているのだそうです。

ページの先頭へ